乳腺トラブルを防ぐには?

こんにちは。

静岡県で女性が楽しく学べる整体スクール

Gyneco Labo【静岡校】講師の長澤健五です。

産後に悩まれる人もいる乳腺トラブル。

実は産後だけでなく女性は

生涯にわたって気を付けたいポイントなんです。

母乳は血液

例えば産後の忙しさや疲れで

つい食べ過ぎちゃったり

甘いモノを飲み過ぎちゃったりってあります。

妊娠中にエネルギー補充しようと

食べ過ぎちゃていたケースもありますよね。

母乳は血液から出来ています。

必要なことではありますが

早食いや過度に飲食してしまうと

それが血液ドロドロに繋がってゆくことに。

腸が疲れて毒が入る⁉︎

過食だったり早食いだったりすると

胃腸はすごく頑張ります。

それが続くと流石に疲労こんぱい…

炎症状態となっちゃいます。

胃腸が炎症気味だと消化が上手くいかず

未消化のままカラダに吸収されることに。

それだと栄養が必要な状態のモノだけでなく

いらない不純物も入ってきちゃうんです。

未消化なタンパク質は乳腺を詰まらせやすいので

食べ物や食べ方って気をつけたいですよね!

乳腺は授乳関係なく存在するので

あまり悪いモノを溜めちゃうようなカラダだと

細胞のトラブルが起こり「乳がん」にも繋がりかねないので

産後だけでなく生涯にわたって注意したいですね。

対策のヒントは消化液

しっかり消化吸収出来るようにする事がポイント!

そうなるとまずは良く噛むです。

食べ物は細かくなるし

胃腸も消化液を出す準備してくれます。

また、消化しづらい

グルテン(小麦)・カゼイン(乳製品)

を控えめにすることも対策ですね。

頭と首の付け根あたりから

迷走神経という消化液の分泌に関わる神経が伸びているので

首や肩のカチカチを取ることが乳腺炎を防ぐ準備にもなるんですよ

Gyneco Labo整体スクールでは

女性の生涯にわたるライフスタイルをセラピーから応援!

ご興味のある方はぜひ「Gyneco Labo整体スクールLINE」もチェックしてみて。

長澤 健五

整体師

幸せな人生をテーマに女性の健康を通して

静岡県でセミナーを実施。

若くしてセラピストとして20年以上の実績を誇り、自身のアトピー体験をもとにしながらその臨床と経験を講師として指導する。

・妊活を志しているご夫婦のサポート

・量子力学をもちいたカウンセリング

・産後ママと子どもへサポート

の専門家として、

地域でのセミナーや

YouTubeでの配信にて活動中。

現在は、Gyneco-Laboスクール部門で、静岡県での技術指導を統括する講師として活動中。